2007年10月31日

ノロウイルスを分解消滅させる渋柿のパワー

アルタン、渋柿でノロウイルス撃退・広島大とスプレー

 業務用アルコール除菌剤を製造・販売するアルタン(東京・大田、鈴木賢一社長)は、広島大学と共同で渋柿の成分を活用し、食中毒の原因となるノロウイルスを駆除できるスプレーを開発した。11月中旬から外食企業向けなどに販売する。調理用器具やドアノブに噴射すればウイルスの感染を予防できる。

 商品化したのは渋柿のエキスを原料にするエタノール剤の「アルタンノロエース」。ノロウイルスに効く渋柿の成分は明確になっていないが、ウイルスそのものを分解消滅できる



 渋柿の渋さはタンニンですが、それとはまた違った成分で攻撃してるんでしょうか。

 渋柿の、シブを抜いた後の甘味はたまらないものがあります。秋ということでタイムリーなニュースとなりました。

関連
医学処:青柿から、血中コレステロールを減少させる効果が
医学処:富有柿に含まれるクエルセチン配糖体が美白効果をもたらす


広告
posted by さじ at 07:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 薬理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。