2007年10月31日

仰向けで寝ると美人になる

あお向け寝で美人に?布団屋のおっちゃんが本出版

 大阪の布団屋のおっちゃんが、「寝たら治る−失敗しないふとん選び」(角川SSコミュニケーションズ、1260円)を出版した。「あお向け寝でべっぴんさんに」「使うな低反発マット」など、睡眠や寝具にまつわる目からウロコの話が満載だ。【松井宏員】

 大阪市大正区で「睡眠考房まつい」を営む松井重信さん(52)。もともとは化学繊維の寝具を山積みして安売りしていたが、自分が寝てみて「湿気を吸わないから寝苦しく、水分が残って体を冷やす」ことに気付いた。6年ほど前から、綿やウール、羽毛などの天然素材しか扱わない店に変え、「眠れない」といった相談に応じている。

 「アクリル毛布売って」「ありません」−−。そんな客とのやりとりなどを、一昨年4月からブログに書き始めた。それに目を留めたのが、角川SSコミュニケーションズの荒井なつきさん(36)。腰痛持ちで、整形外科医には「横向きでえびぞりに寝なさい」と指導されたが眠れない。フリースの毛布で寝ていたが、花粉症でくしゃみが止まらない。「布団に問題が?」とネットで探して、行き当たった。

 メールで相談したところ、「横向きに寝るのはダメ。腰が痛いなら、ひざの裏にクッションを当てなさい。くしゃみが止まらないのは、フリースの静電気のせい」とアドバイスが返ってきた。「どうして見知らぬ他人に、親切にしてくれるんだろう」と驚いた荒井さんは、「睡眠で悩んでいる人はいっぱいいる」と出版を持ちかけた。

 本には、布団屋のおっちゃんの持論が展開される。「あお向け寝で美人に」。横向き、うつぶせで寝ていると、顔のバランスが狂う。「世界陸上の日本選手にも、あごのバランスの悪い人がいた。あお向けで寝たら、記録伸びるんちゃうやろか」。「低反発マットはアカン」。汗を吸わないから、背中が蒸れる。「一日の反省をしながら寝てはいけない」。イヤな出来事が潜在意識に記憶され、人生を悪い方向へ航海させる−−。

 松井さんは言う。「不眠のほとんどは寝具が悪い。睡眠で悩んでんのやったら、医者行く前に布団屋に行って。たいがいのことは、寝たら治るんですよ」



 ブログはこちらから。

 顔の形など、バランスを考えるなら仰向けが良いのでしょうね。顎関節症とかにも関係してきそうです。

 動脈血酸素濃度とか、肺の関係でいえば、うつぶせ寝が良いんでしょうかね。日野原重明先生の著書に「うつぶせ寝健康法」という本もありますし。ただ、顎や首にかかる負荷は結構ありますが…ちなみに私は元々うつぶせで寝る派です。

 ちなみにあおむけで寝ると、金縛りになりやすいと思います。逆に横やうつぶせでは絶対に金縛りは起きないのではないか、と。

関連
医学処:いびきを抑える枕
医学処:睡眠時間が長いと寿命は短く
医学処:ジャンクフードならぬ、ジャンクスリープが悪影響を及ぼす。


広告
posted by さじ at 06:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。