2007年10月29日

小児脳神経外科医のことを描いた漫画「義男の空」

息子救った医師を漫画に 札幌の会社社長が年内にも

 水頭症の二男(4)を手術で救った小児脳神経外科医を漫画で描こうと、札幌市でデザイン制作会社を営む田中宏明さん(34)が執筆に取り組んでいる。年内にも第1巻を発刊予定。田中さんは「子どもたちに読んでもらって、医師を目指してくれれば」と願っている。

 異変は二男が生後1カ月に起きた。頭部が急に膨らんで田中さんは慌てて病院に駆け込んだ。診断は、頭の中に髄液が過剰にたまる「水頭症」。エックス線写真を見てがくぜんとした。

 田中さんは専門医を探し、当時、北海道小樽市の病院に勤務していた高橋義男医師(58)を知った。診察室の壁一面には笑顔を見せている子どもの患者の写真。「奇跡があるかもしれない」と高橋医師に二男の命を預けようと決めた。手術中に妻は心配のあまり倒れたが、手術は無事成功。二男は元気に幼稚園に通っている。

 田中さんは漫画の「ちばてつや賞」の準大賞を受けた経験があった。漫画家を目指したこともあったが、あきらめていた。そのことを知った高橋医師が患者の親たちの会報に「4こま漫画を描いてみないか」と勧めてくれた。

 「医者っぽくない、人間味のあるお父さんのような高橋医師を描いて、恩返ししたい」。医学関係の資料を読み込み、高橋医師とは深夜まで打ち合わせをすることも。タイトルは高橋医師の名前から「義男の空」に決めた。子どもたちを治療する様子を盛り込みつつ、医師になるまでの生い立ちをたどる予定。

 日本小児神経外科学会によると、国内の小児脳神経外科の常勤専門医は20−30人しかいないという。現在、とまこまい脳神経外科の小児脳神経外科部長を務める高橋医師は「漫画を通して、子どもの患者の将来まで考えて治療する医師が出てきてほしい」と期待を寄せている。



 プロジェクトXの漫画版みたいなつくりになりそうですな。

 ただでさえ難度の高い脳外の、更に小児バージョン。その繊細さは医療界随一なのではないでしょうか。まさにスペシャリストです。

 まぁ、メディアに出ていれば腕がいいというわけではありませんからね。腕が良くても人格として医者失格な人もいますし。誰とは言いませんが。そんな中、高橋医師のこの漫画は、助けてもらったという感謝の意で漫画化されるという点で、非常に好感が持てます。

 医療漫画大好きな私は義男の空発刊を楽しみにしたいと思います。

関連:医学処 もう一度見たいドラマランクTOP10に医療ドラマが3つランクイン


広告
posted by さじ at 06:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小児
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。