2007年10月26日

高学歴のほうが記憶の喪失は速くなる

学歴高いほど記憶喪失も急速=アルツハイマー発症後−米

 培った認知力が高いためか、高学歴者の方がアルツハイマー病など認知症の発症は遅めだが、記憶障害が出始めた後は、より速いペースで記憶の喪失が進む傾向が確認された。米アルバート・アインシュタイン医科大学の研究チームが23日発行の神経学会誌ニューロロジー最新号で報告した。

 統計的には、認知症発症までの時間は、教育を受けた期間が1年増えるごとに2カ月半遅くなった。逆に、発症後の記憶喪失ペースは、教育が1年増えるごとに4%ずつ加速したという。



 脳は使うほどに脳みそのシワが増え・・・などと非医学的なことはいいませんが、神経細胞におけるシナプスの数は、記憶や思考など、使えば使うほど増え、維持されるようです。

 しかしながら最終的にそれも減ってしまう。つまり増やした人でもそうでない人でも、最後は一定量に戻る、ということでしょうか。

関連
医学処:押し花で健康維持と老化防止を行う。
医学処:アルツハイマーをワクチンで治す夢


広告
posted by さじ at 21:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳神
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。