2007年10月11日

医龍の続編ドラマ、はじまる。

AI、2作連続で「医龍」主題歌を担当

 小学館ビッグコミックスペリオールで連載中の乃木坂太郎の人気漫画を原作に、昨年4月から6月に掛けてフジテレビ系で放送されたドラマ「医龍 Team Medical Dragon」。坂口憲二が天才外科医・朝田龍太郎を演じ、リアルな問題描写、圧倒的なスピード感と人間ドラマを描き、好評を博した同作の続編「医龍 Team Medical Dragon2」が、今月11日より放送開始。前作の「Believe」に続き、主題歌をAIの新曲「ONE」が務める。

 「ONE」は、AI自ら作詞を手掛け、「1つの命だったり、1人の人だったり、そういう1つのものは必ず周りの何かに支えられてできてるものだと思う。そういうことを忘れないでいたいという想いを込めました。」と語るように、ドラマの世界観とも深くリンクする内容。作曲は松本俊明が、編曲およびプロデュースは“冨田ラボ”こと冨田恵一が手掛ける。

 カップリングには、DEF JAM JAPAN時代のレーベルメイト、SPHERE of INFLUENCEを4年振りにフィーチャリング・アーティストに迎えたHIP HOPチューン「GET UP feat. SPHERE of INFLUENCE」を収録。プロデューサー&トラックメイカーは、世界が認めた気鋭の日本人プロデューサー・BACH LOGIC(バック・ロジック)が務める。そして更には、今年の夏フェスでラストナンバーとして披露していた「BRAND NEW DAY」の貴重なライブ・バージョンが収録される。



 医龍です。

医龍 DVD BOX

 原作の医龍の凄いところ。14巻を過ぎても一向にクオリティが落ちない。フツウは1巻から14巻まで続ければどこかでマンネリ化したり方向転換などで面白くなくなるものですが、医龍の場合はまるでその気配がありません。最初から最後まで面白いまま。

 しかも絵は最初から上手い。上手い上に、巻を追うごとに更に進化している。

 そんな最強医療漫画と名高い医龍、当然ドラマも人気は上々。

関連
医学処:最強医療漫画「医龍」がドラマ化するわけだが
医学処:もう一度見たいドラマランクTOP10に医療ドラマが3つランクイン


広告
posted by さじ at 21:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
申し訳ありませんが私はNHKのドラマ「ER」派ですw
Posted by イクラ at 2007年10月12日 20:44
不動の人気がありますからね、ERは。何年たっても名作でしょう。
Posted by さじ at 2007年10月27日 18:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。