2007年10月11日

睡眠時間が長いと寿命は短く

睡眠時間が長いと寿命は短くなる、フィンランド産業衛生研究所

 睡眠不足は健康を損ねることが知られているが、反対に長時間寝ても健康には悪影響があることが2日までに、フィンランド産業衛生研究所(Finnish Institute of Occupational Health)の研究者が専門誌「journal Sleep」に発表した論文により明らかとなった。

 研究グループは睡眠時間が平均余命にとれだけ影響を与えるのか、データを収集。その結果、1日に8時間よりも多く睡眠している男性の24%は平均よりも早死していること、また、女性の場合も1日に8時間よりも多く睡眠している人の17%が平均よりも早死しているという事実を突き止めた。

 ただし、研究グループでは長時間の睡眠が平均余命を短くする原因に関しては判らないと述べている。画像を拡大する



 私は一応1日は4〜6時間です。が、非常に眠いことこの上ありません。それも死亡率高いんでしょうかね?睡眠時間に、眠いかスッキリかを考慮にいれた実験をすれば非常に面白い結果が出ると思います。かなり睡魔を感じながら朝起きている人と、スッキリ6時間で起きる人じゃかなり違うと思いますし。

関連
医学処:日本人は睡眠時間が短くなっており、とうとう世界で最短に。
医学処:睡眠時間は7時間より長くても短くてもうつ状態が強くなる
医学処:毎日の就寝起床時間を記録して睡眠時間を計算するブログを公開。


広告
posted by さじ at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。