2007年10月08日

妊婦の緊急受け入れを行った病院には診療報酬を優遇するよ

妊婦緊急受け入れ診療報酬で優遇へ…厚労省検討

 奈良県で救急搬送中の妊婦が9病院に受け入れを断られ死産した問題などを受け、厚生労働省は5日、妊婦の緊急受け入れに応じた病院を診療報酬で優遇できるよう検討に入った。

 2008年度の診療報酬改定を議論している中央社会保険医療協議会(中医協)の診療報酬基本問題小委員会で提案された。

 緊急に受け入れた妊婦に何らかの異常があった場合、病院が「受け入れ料」などとして診療報酬を加算できる方法を検討する。自然な出産に至った場合は対象から除外する方針で、来年1月までに詳細を詰める。



 そういう方法で緊急受け入れをカバーしようというのかー。

 でも確かに、「何かあった場合の費用を国が補填」では、受診しない妊婦の思うツボですからねぇ。

 緊急受け入れをさせないための策も何か必要だと思うんですけど。

関連
医学処:難しい手術を断る産婦人科が増えていく
医学処:一度も産科にかからず救急車で運ばれてくる妊婦とは
医学処:急増する「飛び込み出産」


広告
posted by さじ at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 救急
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。