2007年10月07日

椎間板ヘルニアの原因遺伝子を解明

つい間板ヘルニア、原因遺伝子の一つを発見

 理化学研究所と慶応大などの研究チームは2日、つい間板ヘルニアの原因遺伝子の一つを発見したと発表した。

 新しい治療や予防法の開発につながる可能性のある成果だ。

 つい間板ヘルニアは、背骨の間にある軟骨(つい間板)が外に飛び出して腰の神経を圧迫する病気で、腰痛や座骨神経痛などを引き起こす。20〜40歳で発症しやすく、日本人の1%以上がかかっていると言われている。

 理研遺伝子多型研究センターの池川志郎チームリーダーらが見つけた原因遺伝子は「COL11A1」。つい間板の組織のたんぱく質を作ることが知られていたが、病気との関係はわかっていなかった。

 患者と健常者計1730人を調べると、患者の方が、COL11A1が変異している割合が9%高かった。



 椎間板ヘルニアにまで遺伝子が関与しているとはねぇ…。この調子で遺伝子の解明が進んでいけば、本当に「出生前から疾患のリスクが分かる」ようになるかもしれません。それが幸福なのか不幸なのかは別にして。

関連
医学処:ヘルニアと間違って膀胱を切除するミスが発覚
医学処:ヘルニアの手術は、しなくても完治するらしい


広告
posted by さじ at 16:48 | Comment(0) | TrackBack(1) | 脳神
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

椎間板ヘルニアの原因
Excerpt: 椎間板ヘルニアの原因椎間板ヘルニアとは、背骨の骨と骨との間にある「椎間板」が、本来のあるべき場所にない「ヘルニア」状態にあるということです。この本来あるべき場所にない部分が神経に触れて激痛が走るのです..
Weblog: 腰痛の原因
Tracked: 2012-05-01 14:44
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。