2007年10月06日

凍結保存した飼い猫の卵子から子猫を誕生させることに成功

世界初、冷凍保存された猫の卵子から子猫誕生

 米ニューオリンズのオーデュボン絶滅危惧種研究センターと、加藤レディスクリニック(東京都)の共同チームが、凍結保存した飼い猫の卵子から子猫を誕生させることに成功したと3日、発表した。

 ネコ科の卵子には脂肪分が多く凍結保存は難しいと言われるが、世界初の成功例である。子猫は雌2匹、雄1匹の計3匹で、今年8月下旬にオーデュボンセンターで誕生し、現在も順調に育っている。卵子は不妊手術で切除した飼い猫の卵巣から計28個を摂取し、「ガラス化保存法」と言われる急速凍結法で約3週間保存後、解凍。うち18個を顕微受精させ、代理母役の雌猫の子宮に受精卵をしたところ、約2か月後の8月に3匹の子猫が生まれた。今後この技術は、絶滅危惧種に含まれるチーターやアムールトラなどのネコ科の動物の保全に役立つと期待される。



 卵子の凍結が可能になると、記事中にもありますように、絶滅危惧種を保護するのに役立ちますね。凍結さえ可能ならば、数十年後、より生殖技術が発達した時代ならば、高確率でよみがえらせることも可能か。


広告
posted by さじ at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生殖
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。