2007年10月06日

小学生の女児がO-157に感染する

県北の女子児童、O157に感染

 県保健福祉部は28日、県北に住む小学校低学年の女児が病原性大腸菌O157に感染した、と発表した。女児は入院しているが、快方に向かっているという。

 同部によると、女児は血便などの症状があるため、今月22日に県北の医療機関を受診。検査の結果、便からベロ毒素が検出された。

 現在までに女児以外の発症者は確認されておらず、県は感染原因などを調べている。



 O-157は数年前に社会的問題となりましたが、最近では忘れがちな人も多いのでは?細菌が根絶されることなどありえません。食にはできるだけご注意。

 ちなみに今年の4月に「感染症法」が新しく施行されました。O-157は3類に分類していますが、今回の改正により、3類は腸関連の感染症で固められることとなりました。

感染症法3類:コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症 (O157等)、腸チフス、パラチフス

関連
医学処:O-157の恐怖。京都で4歳児が死亡。
医学処:O-157集団食中毒の慰霊モニュメント、作ったはいいけど廃棄処分に
医学処:「かもしてころすぞ」ユッケから腸管出血性大腸菌O-157


広告
posted by さじ at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消化
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。