2007年10月06日

呑むと赤くなる人は、膵臓癌のリスクが高い。

飲むと赤ら顔…膵がんリスク1.44倍

 酒を飲むと顔が赤くなる人は、そうでない人に比べて、膵臓がんになるリスクが1・44倍高いことが、愛知県がんセンター研究所(名古屋市)の調査で分かった。

 アルコールを体内で分解する酵素の遺伝子タイプの違いによるもので、同研究所の松尾恵太郎主任研究員(がん疫学)は「飲酒後に顔が赤くなる人は、口腔がんやいん頭がんのリスクも高くなる。顔が赤くなるのは体内からの注意信号だと思って、飲酒を控えた方がいい」と助言している。

 飲んだアルコールは体内でまず、発がん性が指摘されているアセトアルデヒドに分解され、次に酢酸へと分解されていく。松尾主任研究員らは、このアセトアルデヒドを分解する能力が、酵素の遺伝子タイプによって三つに分かれることに着目。2001〜05年に同センターを訪れた膵臓がん患者138人と、がんではない1373人の酵素の遺伝子タイプと飲酒との関係を調べた。

 その結果、分解能力が低く飲酒後に顔が赤くなる人は、分解能力が高く飲酒しても顔が赤くならない人に比べて、膵臓がんになるリスクが1・44倍高かった。



 膵臓癌まで…。

 結局のところ全身をまわるアセトアルデヒドの発がん性によって、全身の諸臓器が侵されるということでしょうね。

 赤くなる人はご注意を。

関連
医学処:ビール1杯で赤くなる人は、食道がんのリスクが8倍
医学処:飲酒と因果関係のある癌は、食道がん、乳がん、大腸がん。


広告
posted by さじ at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | がん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。