2007年09月30日

「キクイモ+桑の葉」を血糖値が下がるとして売った社長を逮捕

「血糖値下がる」と無許可販売、容疑の社長逮捕

 効能をうたって健康食品を売ったとして、神奈川県警生活経済課は27日、東京都江東区富岡の健康食品販売会社「丸福」社長継田治夫容疑者(47)(江東区深川)を薬事法違反(医薬品の無許可販売、貯蔵)の疑いで逮捕した。

 継田容疑者は見本市に元日本代表ゴールキーパーでJリーグFC東京の土肥洋一選手らを招いたり、「多くのプロスポーツ選手が使っている。直営店に来れば選手に会えるかも」と季刊誌で宣伝したりしていた。

 調べによると、継田容疑者は2005年2月〜07年6月、「血糖値が下がる」「関節の炎症を抑える」と効能をうたって「キクイモ+桑の葉」など3種類の健康食品を同県平塚市の男性(81)ら10人に計16万円で販売した疑い。同社はそれらの商品の瓶290本などを販売目的で貯蔵していた疑い。県警は、同社が効能をうたって約20種類の健康食品を2000年ごろから全国の約1万7000人に販売し、5億円を超える売り上げがあったとみている。

 FC東京は「土肥選手が招かれたのは事実だが、宣伝に使われたことは本人もチームも知らなかった」としている。



 5億。こういうのって売れるもんなんですねぇ。怪しげな健康食品の店は素通りしてしまう私には良く分からない領域です。効いたかどうかは自分次第なので、まぁ、いいんですけれど。

関連
医学処:相次ぐ健康被害の対策として、健康食品の副作用を検証する
医学処:高麗人参の成分量は商品によって極端にばらつきがあるので注意
医学処:高額なブレスレットやネックレスを買っても健康に良いわけがない


広告
posted by さじ at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。