2007年09月11日

米田正始教授が京都大学と和解。

京大教授、大学と和解=心臓血管外科の手術自粛問題−京都地裁

 京都大付属病院(京都市左京区)が心臓血管外科の新規手術を自粛していた問題に絡み、科長を解職された米田正始教授(52)が、地位保全を求めた仮処分申請で大学側と和解していたことが11日、分かった。京大は復職を認め、米田教授は14日付で復職し、翌日に教授を辞職する

 関係者によると、和解は京都地裁で先月24日に成立。京大などに地位確認と3300万円の損害賠償を求めた訴訟も取り下げた。

 和解条項には、京大が同教授の手術などの業績を認めることも盛り込まれたという。



 そこまで最終的な肩書きって重要……なんでしょうねぇ、今の封建社会では。実力主義というわけではありませんからね、この世界。

関連
医学処:京大病院心臓血管外科の米田正始教授が、大学相手に仮処分申請
医学処:京大病院が心臓血管外科長の米田正始氏を解任する
医学処:脳死肺移植が失敗したのは京都大学病院の責任だとして病院長らを告発


広告
posted by さじ at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。