2007年09月01日

兵庫医大によって成人の難治性喘息の仕組みが解明される。

成人ぜんそく仕組み解明 免疫細胞が悪玉化 兵庫医大

 成人に多い難治性ぜんそくは、かぜなどによるのどの炎症で免疫細胞の一種が悪玉化し、特殊なアレルギー反応が起きるのが原因とする研究結果を、兵庫医大の中西憲司教授(免疫学)らがマウス実験でまとめ、米科学アカデミー紀要(電子版)に28日、発表した。

 小児ぜんそくはカビやダニなどが原因で起きることが多いが、成人ぜんそくは自分の体が作り出す炎症関連物質が悪さをしているらしい。中西教授は「この物質の働きを弱められれば深刻な症状の軽減につながる」としている。

 佐賀大、大阪大との共同研究。中西教授はマウスののどに毒素を入れて炎症を起こし、反応を分析。炎症部位から出る物質がリンパ球の一種に働きかけて異常な免疫反応を起こし、呼吸困難や気管支炎を招くことを突き止めた。

 こうした免疫反応は繰り返し起きてぜんそく症状が悪化するが、この物質を抑えると症状が治まることも確認した。



 喘息はアレルギーの一種ですから、自分の身体に存在する免疫システムの異常によって起こったりします。そのメカニズムを解明したということで、もし局所的にその免疫攻撃から守ってやることができれば、喘息の慢性的な悪化も防げるかもしれません。

 小児喘息だと、水泳などで肺活量を上げてやることで一応治すことはできるんですけどねー。現状では成人の喘息は、うまく付き合っていくしかないです。

関連
医学処:医師の処方せんなしで喘息治療薬「ネオフィリン」が販売される
医学処:都内の喘息患者の医療費自己負担額がゼロ円に
医学処:気管支喘息の死亡率は、都道府県によって大きく差が出る。


広告
posted by さじ at 01:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 呼吸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。