2007年08月17日

南極の氷から600万年前の微生物を解凍・復活することに成功。

米研究者、南極から採取した氷から800万年前の微生物の解凍に成功

 米ラトガース大学(Rutgers University)の研究グループが南極から採取した氷に閉じ込められていた800万年前の微生物の解凍に成功していたことが7日、米国科学アカデミー紀要(PNAS)に掲載された論文により明らかとなった。

 この研究を行ったのはラトガース大学のKay Bidle教授を中心とする研究グループ。

  Bidle研究員は南極のBeacon渓谷とMullins渓谷での氷河の表層から3〜5メートル下にある今から10万〜800万年前の氷を採取し、氷の中に閉じ込められていた当時の微生物を解凍して復活させることに成功した。

 解凍した後、10万年前の氷から採取された微生物は7日ごとに倍の大きさに成長。一方、 800万年前の氷から採取された微生物は30〜70日ごとに倍の大きさに成長することが確認されたとしている。

 研究グループでは800万年前の微生物の成長が10万年前のものと比べて遅いのは、氷に閉じ込められている間に受けた宇宙線の影響でDNAに損傷を受けたためではないかと見ている。



 微生物だと、こうやって復活することができるんですよね。哺乳類でも精子は復活できるようですが…。未知の病原体などが広がらないことを祈ります。

関連
医学処:零下20度程度でも精子は保存可能。
医学処:自分の子供の幹細胞を将来の怪我に備えて保存するサッカー選手たち


広告
posted by さじ at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。