2007年08月18日

東京都内の小・中学生のU型糖尿病、初めての減少へ。

小・中学生の糖尿病、東京では初の減少傾向

 東京都内の小・中学生に増えていた糖尿病(2型)の発症率が00年以降、減少に転じたことがわかった。日本大学医学部の浦上達彦講師(小児科)がまとめたもので、「スポーツクラブに通うなど子どもたちの運動量が増え、食生活も改善されてきたのかもしれない」としている。ただ、「地方では減っていない」との指摘もあり、大都市に限った傾向と見る専門家もいる。

 膵臓にあるインスリンを分泌する細胞が免疫異常などで破壊されて起きる1型糖尿病と違い、2型は遺伝的な要因のほか、食べ過ぎや運動不足など生活習慣が影響する。発症者の8割以上が肥満傾向にある。小さいころは1型が多く、小学生以降に2型が増えてくる。発症率の全国データはないが、一部の自治体は独自にまとめており、都も74年から、小中学生を対象に糖尿病の検査と検診を実施してきた。

 都内の小中学生の糖尿病は80年代に増え、その後、横ばい傾向だった。主な区市町で学校検診などを通じて集計されたデータから年間の発症者数(10万人あたり)をおおよそ5年の平均でみると、74〜80年は1.7人だったのが、81〜85年は3.2人に増加。以降は3.1人(86〜90年)▽2.9人(91〜95年)▽2.7人(96〜00年)だった。これが01〜04年は1.4人となり、明らかに減少した。

 浦上さんは「期待を込めての分析だが」と前置きしつつ、「都市部は肥満やメタボリック症候群への関心が高く、スポーツクラブに入ったりジュースを控えたりするなど意識が変わってきているようだ」と話す。横浜市も減少傾向にあった。

 日本糖尿病学会が5月末に開いたシンポジウムでも、この問題が取り上げられた。ただ、新潟や高知の小児科医らは「子どもの発症者が減っているという印象はない」との見方が多かった。高知市のもみのき病院の岡田泰助・小児科部長は「地方は生活のあらゆる場面で車を使う。最近は通学にも車を使う親が増え、歩く機会は都会より少ないかもしれない」と指摘した。



 都内のほうが減って、むしろ地方のほうが…。最近は地方だから走り回るというより、地方だからこそ乗用車を乗り回し家の中で遊ぶようになっているのかもしれませんね。まぁ食事面などは親の責任が大きいでしょうけれど…これから子育てされる方は、糖尿病に気をつけて下さい。

関連
医学処:【全国一位は徳島】糖尿病の受診者は地方圏に多い。
医学処:糖尿病性ケトアシドーシスを放置され両手足麻痺&視力障害


広告
posted by さじ at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 内分
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。