2007年08月17日

少なくとも4件、眼球下にガーゼを放置した医師。

眼球下にガーゼ放置、女性4人に同じ医師が執刀

 兵庫県伊丹市の市立伊丹病院は6日、甲状腺眼症治療のため眼窩の骨を削る手術を受けた患者の眼球の下付近に、止血用ガーゼを置き忘れる医療ミスが少なくとも4件あったと発表した。いずれも同じ男性医師(55)が執刀した。

 病院は、男性医師が執刀したほかの患者67人のコンピューター断層撮影(CT)画像などを調査。うち37人にガーゼが残っている可能性があり、検査の案内状を送付する。

 4人は平成13年から14年に手術を受けた。いずれも当時10〜30代の女性で、手術後、副鼻腔炎などを発症。うち3人のガーゼは除去し、残る1人も治療中。手術後5年間、3枚のガーゼが残されていたケースもあった。

 男性医師は15年、同病院を退職。「突然出血が多くなったりしてガーゼの数を数えなかったこともあった」と釈明したという。



 ガーゼを数え間違えるどころか、数えてすらいなかったなど……怖すぎです。

 残りの37人次第では大事になる可能性も。

関連
医学処:体内にタオルやガーゼを置き忘れた札幌市立札幌病院
医学処:手術用ガーゼにICチップを組み込み、体外から検知することに成功
医学処:患者の体内に18年間入っていたガーゼが、鼻をかんだ瞬間に出てくる


広告
posted by さじ at 16:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 眼科
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。