2007年08月16日

医療従事者の努力のおかげで、医療費は前年度とほぼ同じ32兆でした。

医療費ほぼ横ばい、昨年度32兆4000億円

 厚生労働省は8日、2006年度の「医療費の動向」をまとめ、中央社会保険医療協議会に報告した。医療保険と公費負担医療の対象となる概算医療費の総額は前年度比0・1%増の32兆4000億円と、横ばいだった。

 06年度に診療報酬が3・16%と大幅に引き下げられたことによるもので、厚労省は「医療費の伸びを抑制できた」としている。



 厚生労働省側はほとんど努力していないにもかかわらず、医療費が抑制できたと喜んでいますね。そりゃあそうでしょう、病院側に無理を強いているんですから。社会人として真っ当なこととは思えませんけど。病院側は厚生労働省の指示に従うしかないんですから、急な診療報酬改正や看護師を増やすような指示などにすぐさま対応しなければならないのです。

 医療費を抑制し続けることは不可能なのですから、別のアプローチが必要だと思います。

関連
医学処:過酷な労働条件を撤廃するため産婦人科医が1億円を要求
医学処:帰ってきた村上智彦医師。夕張市で予防医学に尽力。
医学処:医療費未払いという詐欺行為を働いているのは高齢者、無職、フリーター


広告
posted by さじ at 12:15 | Comment(1) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
財源の議論や見直し根本が見えます。各自異なる立場の中での暮らしに反映された需要と供給のバランスを上手く成立させねば
Posted by みか at 2010年03月16日 14:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。