2007年08月12日

ビスフェノールAが胎児や子供の神経系に悪影響を与える。

子どもの神経系に悪影響か プラスチック原料で米指摘

 米政府が進めている化学物質の毒性評価で、米国立環境衛生科学研究所の専門家委員会は9日までに、プラスチック原料のビスフェノールA胎児や子どもの神経系に悪影響を与える懸念があるとする結論をまとめた。今後、規制につながる可能性もある。

 ビスフェノールAについては、メダカやマウスの動物実験で内分泌かく乱作用(環境ホルモン作用)が確認されているが、日本の環境省の評価では人間に対する危険性は少ないとされている

 専門家委員会は、これまでに発表されたビスフェノールAについての科学論文を評価。胎児と幼児、子どもに蓄積して神経系や行動に与える影響について「いくらかの懸念がある」と結論付け、さらに研究が必要だとした。



 環境ホルモンの怖いところは、顕著に見えてこないことです。更に、将来、その次の代の子供にも影響を及ぼすかもしれません。できるだけ接しないほうがよいのですが、まだまだこの分野に関しての具体的予防策はできそうにありません。

関連
医学処:トイザらスの幼児向けおもちゃから、環境ホルモンDEHPを検出
医学処:瓶の牛乳は蛍光灯の影響を受けて酸化臭がするようになる。


広告
posted by さじ at 19:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 内分
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。