2007年08月09日

500年前のミイラの肝臓から、B型肝炎ウイルスが発見される。

ミイラから肝炎ウイルス 韓国

 韓国で最近発掘されたミイラ化した遺体の一つ。約500年前のミイラの肝臓から世界で初めてB型肝炎ウイルスが発見された。

 ソウル大やイスラエル、ヘブライ大などの国際チームが調査した。



 なんとも不思議ですね。改めて、ウイルスと人間の繋がりを垣間見たといいますか。

関連
医学処:中国で臓器移植を受けた患者がB,C型肝炎ウイルスに感染
医学処:透析を受けていた8人が同時にB型肝炎に感染する


広告
posted by さじ at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感染
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。