2007年08月06日

プロ棋士の脳がどのようになっているのかを解明するプロジェクト

「プロ棋士の脳」解明…理研など研究開始

 将棋のプロが「次の一手」を考える時、脳はどのように働いているのか――。理化学研究所と富士通は3日、脳機能の謎に迫る共同研究プロジェクトを始めると発表した。

 日本将棋連盟の米長邦雄会長は「タイトル保持者も研究に参加させたい」と語り、研究に全面的に協力する。

 共同研究は2年間で、アマチュアとプロの棋士が約20人ずつ参加。駒の配置の記憶、詰め将棋、対局図の形勢判断など、約100問の問題を解かせながら、磁気共鳴画像(MRI)装置を使って脳の活動している場所を探ったり、脳波計で測定を行ったりする。

 直感的に最善の手を選ぶプロ棋士と、アマチュアの脳の働きの違いや、将棋が強くなる過程で起きる脳の変化などを調べるという。

 脳が、目で見た瞬間に理解する直感や、突然アイデアが浮かぶひらめきなどを生み出す仕組みには、小脳が重要な働きをしているとの仮説があるが、小脳は本人が意識しない間に情報処理を行うため、科学的検証が難しかった。



 実際、プロとアマで違いって出るんですかね。経験の差のような気もしますが。

関連
医学処:脳トレとして有用なオセロ、高齢者間で大ブームの兆し
医学処:認知症に、脳を活性化させる塗り絵を
医学処:神経細胞の活動を知る新たな手法を京大グループが開発


広告
posted by さじ at 08:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳神
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。