2007年07月28日

バカ親「かわいいから子供の髪を染めたいんです」

子供の毛染め、ご用心 弱い頭皮…炎症・ショック症状の恐れ

 子供の髪の毛を染める親が増えている。「かわいいから…」と軽い気持ちで染めてしまうケースが多いようだが、ご用心。染毛剤に含まれる化学物質の一部には、皮膚炎やショック症状などのトラブルを引き起こす恐れがあるという。「まだ頭皮が弱い子供たちに使うのは避けてほしい」と、専門家は注意を呼びかけている。

 東京都生活安全課が昨年10月、12歳以下の子供を持つ親を対象に実施したアンケート調査(有効回答数1146)によると、子供の髪の毛を染めた経験がある親は4.1%で、初めて染めた年齢は4、5歳をピークに未就学児が63%を占める。

 動機は「おしゃれのため」が70%でトップ、次いで「子供にせがまれて」の15%が続く。「自分の毛染め剤が残ったから」という回答もあり、深く考えずに子供の毛髪を染めている現状が垣間見える。

 髪の毛を染めるには、ヘアスプレーなど「染毛料(化粧品)」で一時的に色を変えるか、色持ちが長期間続く「染毛剤(医薬部外品)」を使うかの、2種類の方法がある。頭皮のトラブルは主に後者の染毛剤が引き起こすが、都の調査では染めた経験のある子供の8割以上が染毛剤を使用していた。

 染毛剤は、主にメラニン色素を壊す脱色剤と、脱色と化学染料の浸透を同時に行う酸化染毛剤に分けられる。生活安全課によると、脱色剤に含まれる過酸化水素は皮膚や目に刺激が強く、酸化染毛剤に入っているパラフェニレンジアミンはぜんそくや腎臓障害、アナフィラキシー(急性アレルギー反応)を発生させる可能性もあるという。

 いずれも初回は問題なくても、繰り返し使うことでかぶれなどのアレルギー症状が出ることがあり、症状が出れば以降はずっとアレルギー体質が続く恐れがある。

 「大人になってから染めれば大丈夫だったかもしれないのに」

 こう残念がるのは、全国で子供の毛染めや化粧によるトラブルについて講演する都皮膚科医会会長の岡村理栄子さん(岡村皮フ科医院院長)。

 子供は皮膚が弱く、免疫機能が完成されていないため、大人よりも肌のトラブルが起きる危険性が高いという。

 「毛染めは化学物質を使うため、正しい知識が必要。でも親が染めれば、子供も安易に自分で染め続けることになる」。かぶれて頭皮から浸透液が出たり、良く振らずに脱色剤を使って皮膚にけがをしたりと、岡村さんのもとを訪れる子供たちは後を絶たない。

 また、国民生活センターにも「ブリーチを使ったら髪がすべて抜け、医者から『今後生えてこないかもしれない』といわれた」(男子高校生)、「カラーリング剤を使って腎臓を悪くした」(小学男児)などの被害相談が寄せられている。

 問題の多い子供の染毛だが、即効性のある対策は難しいのが現状だ。

 協会では正会員35社に都の要望を伝え、数社から「注意書きを表示する」との連絡を受けたが、任意の記載のため、強制はできないという。「(協会としては)使用前にパッチテスト(皮膚試験)をするなど使用法を守れば安全と考えている。ただ、子供は正しく使えない恐れがあり、使用は勧めない。(染毛するのであれば)これまで通り説明書をよく読んで、テストをしてもらうようお願いするしかない」と話している。



 街中で、髪の毛を染めた子供を見ることが増えてきました。見ると同時に、いたたまれない気持ちになります。子供をペット扱いしていることに対する怖さ、ですかね。

 少し知識があれば「子供の頭皮が弱い」ことぐらい分かりそうなものですが。例え10代後半といえども、染料が頭皮から吸収されて諸臓器に負担がかかるわけです。それが4,5歳となると被害は甚大でしょう。

 日本人が髪をカラーリングするのって、要するに若く見られたいとか、明るく見られたいというのが根底にあるから「かわいい」と思うんでしょうけれど、別に子供には必要ないですよね。フケて見えるのはお前だけで子供は関係ないだろうと。親の自己満足にも程があると思います。こういった親に育てられる子供が可哀相で仕方ありません。少しでも子供に悪影響を及ぼさないようにしたいと考えることこそ親の常だと思うのですが。

関連:医学処 バカ親「子供の耳にピアスを入れたいんですけど」


広告
posted by さじ at 17:49 | Comment(4) | TrackBack(0) | 小児
この記事へのコメント
初めまして。いつも読ませていただいております。
染めて体に良いとはとても思えないのですが、ただ、アメリカの白人のほとんどは
子どもの時から染めているんですよね。
問題が指摘されてないんだろうか、と
素朴な疑問を感じます。髪の黒い日本人が
染めるよりは、弱い?薬品で間に合うと
いうことなのでしょうか?
Posted by takahashi at 2007年07月29日 09:56
>アメリカの白人のほとんどは子どもの時から染めているんですよね。

本当?
Posted by 通りすがり at 2007年07月29日 22:01
>>takahashiさん
アメリカはなんといいますか、そういうことに寛容な国ですからね。食にも無頓着ですし、成長ホルモンもバカスカ使いますし。しかしながら反対運動がさかんな国でもあるので、おそらくこれも問題化していると思いますよ。使い方を間違えれば皮膚に障害を来たすものですので。

>>通りすがりさん
私も知りませんでした。地毛かと思っていました。デーブスペクターは日本人向けに髪を染めているらしいですが。
Posted by さじ at 2007年07月31日 01:31
アメリカの子供はほとんど染めてないですよ。
たぶん、金髪の子供がいっぱいいるから
そう思ったかもしれませんが、子供の時金髪で
大人になると髪が黒っぽくなる人は山ほどいます
ウエンツくんとかも子供の時の写真では金髪でしたよ。ディカプリオとかもそうじゃないですか
Posted by at 2010年04月04日 18:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック