2007年07月19日

日本の医師数は、人口1000人あたりわずか2人で主要7ヶ国で最低。

日本の医師数、1000人あたり2人で主要国最低・OECD調べ

 経済協力開発機構(OECD)は18日、医療に関する統計「ヘルスデータ」2007年版を公表した。人口1000人あたりの医師数は日本は2人と米英独など主要7カ国では最も低かった。医療費の負担内訳で日本は国など公的部門の割合が82%と英国に次いで高く、患者の自己負担や民間保険の割合が低かった。

 調査は05年(日本は04年)の統計を基に加盟30カ国を比較。日本の1000人あたり医師数は全加盟国でもトルコ、韓国、メキシコに次いで低かった。



 恐ろしいですよね。世界最先端の医療、そして国民全てに平等に質の高い医療を提供している背景には、医療従事者が過労の中、文句も言わずに働いているおかげ、というのが。日本人ならではの「我慢強さ」ゆえでしょうか。

 医療従事者は奉仕しなければいけない、という精神は医師なら誰もが持っているものですが、だから現在の過労の環境でも我慢せよというのはおかしいですよね。そりゃあ医師は明日も変わらず笑顔で医療を行いますけど、でもこの現状をみて、国民が変えずに誰が変えるというのでしょうか。挙句の果てに医者は儲け過ぎなどとマスコミの情報操作を信じて叩く始末。

関連
医学処:医師が不足しすぎていて、緊急医師派遣制度をわずか半年で中止する
医学処:地方の医師不足を解消するためにも、医学部の定員を早急に増やすべき。
医学処:医師の確保が困難で、救急病院が142件減る。


広告
posted by さじ at 17:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。