2007年07月16日

携帯依存で、若者の記憶力は低下する?

携帯依存で英国の若者の記憶力低下

 携帯電話などの個人情報の登録機能に頼る若者の記憶力が低下、電話番号や家族の誕生日など簡単なことも覚えられなくなってきているとの調査結果をアイルランドの研究者らがまとめ、13日発表した。英紙デーリー・テレグラフ(電子版)などが報じた。

 研究者は、若者らが記憶する努力を始めなければ、将来、深刻な記憶力不足の問題に直面すると警告している。

 英国人3000人を対象にした調査結果では25%が自宅の固定電話の番号を思い出せないと回答。20代以下では、約33%に増加した。

 家族の誕生日など重要な日付について、携帯電話などの端末の機能に頼ることが少ないとみられる50歳超の場合は87%が詳細に記憶していたが、20代以下では40%に低下した。



 覚えようとする気がないものは覚えないということではないでしょうか。別に記憶力がどうのという話ではないのでは…?誕生日や電話番号がすぐに検出できる時代になっただけで、勉学のほうの記憶に関しては今までどおりですよね。記録する媒体がない時代は高い記憶力だったかというと、そういうわけではないと思いますし。

 とはいえ脳みそはできるだけ使ったほうがいいというのはあります。漢字でも電話番号でも、「記憶する」という行為を毎日使うことで、勉強もやりやすくなるのではないでしょうか。

関連
医学処:ほうれん草などの葉野菜を食べると、認知力が衰えない
医学処:トラウマの記憶は、幸せな記憶よりも残りやすい。
医学処:脳は不必要な記憶を忘れることで活動を効率化している。


広告
posted by さじ at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。