2007年07月03日

水をがぶ飲みすると運動誘発性の低ナトリウム血症に陥るので注意を。

運動時の水がぶ飲みで、低ナトリウム血症の恐れ

 運動する際に水をがぶ飲みしすぎると、運動誘発性の低ナトリウム血症(EAH)におそわれかねない――。米国の専門家が医学誌スポーツメディシン5月号で、適度の水分補給を呼びかけている。

 運動時に水分をとりすぎて血液中の塩分濃度が下がると、けいれんや呼吸困難といったEAHの症状にみまわれるおそれがある。ジョージタウン大医療センター(ワシントン)のジョセフ・バーバリス教授によると、ある年のボストンマラソンでは参加者の約13%がEAHになった。今年のロンドンマラソンでも1人が死亡したという。トライアスロンや軍隊の行軍などでも報告例がある。

 運動を続ける時間が4時間を超えるようだと注意がいる。過去のマラソン大会の調査で、レース中に3リットル以上の水を飲んだ人がEAHになるリスクが高かったという

 運動後に体重が増えれば水分の取りすぎだ。運動前後の自分の体重の変化(おおまかな汗の量)を調べ、その量に見合った分だけ水分を補給するよう心がけるべきだとしている。

 05年にEAH防止指針をまとめた経験があるバーバリス教授は「水の代わりに、塩分を含むスポーツ飲料を飲めばEAHを予防できるというのは誤解。スポーツ飲料も飲み過ぎると、やはり水分を取りすぎるリスクがある」と指摘する。



 スポーツドリンクを飲んでも電解質異常になるんですねぇ。真水を飲むのが一番まずいでしょうけれど。細胞内と細胞外のイオンの濃度が変化してしまいますから。ミネラルウォーターとスポーツドリンクを1対1ぐらいにして適度に補給していくのが良さそうです。

関連
医学処:大量の水を飲み、尿を我慢しすぎて水中毒となり死亡。
医学処:熱中症対策に、「ウォーター・ローディング」を
医学処:知的障害者施設で、にがりの原液を飲まされて死亡した女性


広告
posted by さじ at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。