2007年06月30日

マイケルムーア監督が映画「シッコ」で米国医療制度を切り捨てる

ムーア監督の新作「シッコ」、公開前から波紋・医療制度批判

 米ブッシュ政権のイラク政策を批判した「華氏911」などで知られるマイケル・ムーア監督が米国の医療保険制度をやり玉に挙げる新作映画「シッコ」が、29日の全米公開を前に論争を巻き起こしている。医療保険改革は大統領選の争点でもあり、早くも映画の内容を検証する動きが出ている。

 米国には日本のような国民皆保険制度がなく、人口の約16%、約4500万人(2005年)が保険に未加入。映画では、手の指2本を切断したが中指の手術代6万ドル(約720万円)を払えずに薬指だけを治療した男性や、保険に加入しながら治療費の自己負担分の支払いがかさんで破産した夫婦などの実例を紹介している。



 公式サイトはこちら

 アメリカで怪我、病気にかかると、恐ろしい額の医療費をとられます。日本も同じだけの医療行為を行っているのですが、国民皆保険制度によって自己負担額は驚くべきほど低いものになっています。勿論、薄給・過労にもかかわらず頑張って働く医療従事者がいてこそ成り立つわけです。

 しかし日本は医療費削減と称し、医療従事者に矛先を向ける日々が続きました。政府としては、医療費に税金を使いたくないわけです。公共事業費を増やしたほうが旨みがあるわけですからね。

 でもこのまま進むと、アメリカのように医療地獄に陥ることは必然だと思います。外資系の保険企業も参入し、数多くの高額保険を選べない人たちは満足に病院にかかることもできなるなるでしょうし、傷口が治る前に退院しなければいけない状況に陥るかもしれません。どう転ぶかは国民の動き方次第ですが、マスコミと国の作戦に騙されないことが肝腎です。

 あ、日本では2007年8月25日公開だそうです。

関連
医学処:医療保険の広告は、消費者の不安を煽るものであってはならない。
医学処:医療費未払いという詐欺行為を働いているのは高齢者、無職、フリーター
医学処:診療報酬改正で療養病床のある病院のうち7割が収入減


広告
posted by さじ at 16:55 | Comment(1) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント

  −世界の医療機関&オバマ大統領&小泉純一郎前首相に捧げるメッセージー

 
  核戦争なき世界の理想実現に向けての第一歩


 より信頼される医療、&より良きリーダーの指導力を求めて
        - belong to -

 
追伸 ▲“BABY HALL基金”&“HAPPY Xmas(War is Over)”

  現在ターゲットは医師久松篤子 やがて小泉純一郎前首相  そし(ハ)・・・て・・基金 ー 最 大 ー の功労者は

 〇 〜小池百合子(57さい)〜 と不治三軽 〜結0〜 暴力団(三) 〜 く  〜ジョージ・W・ブッシュと死の商人(中東テロリストネットワーク)〜△164〜 く 〜  〇〇さま???(△35) 〜 く 〜110呆治利犬(△111〜△1110)〜
Posted by 小泉純一郎前首相の医師久松篤子 at 2010年04月28日 01:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。