2007年06月26日

ムカデに刺されアナフィラキシーショックになり、意識不明に。

ムカデに刺され操船できず漁船衝突

 24日午前8時半ごろ、愛知県田原市の三河湾で同市の川口紋二さん(67)の漁船「三津栄丸」(1・17トン)が消波ブロックに衝突した。川口さんと妻チエ子さん(63)があごやひじなどに軽傷。川口さんがムカデに刺されて一時意識を失い、操船できなくなったのが原因という。

 名古屋海上保安部によると、川口さん夫妻は午前6時ごろ、田原市の漁港を出航。漁場でアサリを取ろうと川口さんが軍手をはめた際、軍手の中に潜んでいたムカデに刺されたらしい。

 手がしびれるなどしたため川口さんは港に引き返そうとしたが、途中で意識を失った。近くの漁船が通報、同保安部の巡視船が救助した。



 意識を失わせるほどの毒をムカデは持ち合わせていません。しかしその毒によって、アナフィラキシーショックを呈することもあるらしいです。ムカデでもアナフィラキシーって起こるんですね。日本ではムカデがメジャーな生き物なので、噛まれても報告しないことが多いと思うんですけど、このように命に関わることもありますので、注意が必要です。

 アナフィラキシーショックに関しては下記リンクを参照。

関連
医学処:キャンプでハチに襲われ、アナフィラキシーショックに
医学処:スズメバチの大群に刺されアナフィラキシーショックに


広告
posted by さじ at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 救急
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。