2007年06月25日

ケロッグ社が子供用菓子にカロリーや糖分の上限を設ける。

米ケロッグ、子供用菓子にカロリー上限

 米食品大手ケロッグは児童向けスナック菓子の栄養成分を見直し、一食分に含まれるカロリーや糖分などに上限を設けると発表した。

 世界各国で生産・販売している12歳以下向けの商品が対象。来年末までに一定基準に満たない製品は成分を見直す。子供の肥満問題に懸念を示す市民団体の批判に応える。



 ケロッグシリーズではコーンフロスト(今はコーンフロスティか)やチョコクリスピーを食べたことがありますけど、あれって栄養バランスどうなんですかね。確かに牛乳と小麦は取れるでしょうけれど。腹に全然溜まらない食べ物なんで育ち盛りはもっとボリュームが欲しくなると思います。

関連
医学処:朝食を抜き続けて起こる、将来の障害
医学処:睡眠不足と肥満は関連している
医学処:英国の子供は、1年間でサラダ油5分のポテトチップスを食べる


広告
posted by さじ at 02:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小児
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック