2007年06月24日

ギネスに載せたくて、15歳の息子に帝王切開をさせた医師夫婦

ギネス入りさせたくて、息子に手術をさせた医師夫婦

 インド・タミルナド州で、医師の夫婦が15歳の息子をギネスブックに載せるために帝王切開の手術をさせ、告発された。地元紙が21日報じた。

 2人は、息子を世界で最も若い外科医として登録するために、手術の模様をビデオに録画し、他の外科医たちに見せたという。

 2人の家族は、少年は父親に医療機器を渡すなど手術の補助をしただけだと主張している。インド医療当局は、事件を調査中で、2人の医師資格の剥奪もあるとしている。



 医師免許剥奪でいいでしょう。しかし異常な親だ。こんなバカな親に育てられた人間が医者の適正あるわけないです。帝王切開は、昔から行われている簡便な手術というイメージが定着していますが、実際は手術の際の合併症もありますし、命に関わらない手術というわけではありません。それをド素人にやらせているあたり、この親の罪は重い。懲役刑が下っても何の文句もいえませんね。

関連
医学処:バカ親「子供の耳にピアスを入れたいんですけど」
医学処:食事の大切さを知らないバカ親のせいで子供がどんどん偏っていく


広告
posted by さじ at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。