2007年06月19日

煙草の煙は、精子のDNAに変異を起こし、永久的な変化をもたらす。

喫煙は精子を損傷、子孫のDNAに悪影響も=カナダ研究

 喫煙によって精子が損傷を受ける可能性があり、遺伝子を通じて子供へも悪影響があるという研究結果が報告された。カナダ保健省の研究者が今週発行の学術誌「Cancer Research」で発表した。

 マウスを使って実験を行った同研究によると、たばこの煙が精子の細胞のDNAに変異を起こすことが分かったという。こういった突然変異は、遺伝情報に永久的な変化をもたらすとされている。

 同研究の責任者で、保健省の環境職業毒性学担当のキャロル・ヨーク氏は、「これらの変異が遺伝したら、子孫の遺伝的構成物の中に不可逆変化として存続します」と指摘。「母親の喫煙が胎児に悪影響することは周知のことですが、父親による喫煙の方も、それが母親と出会う前であれ、子供に悪影響を与える可能性が示されました」と述べた。



 良いことなんか何一つありませんな。精子レベルの話になると、吸っている当人は別にQOLが変化するわけではありませんが、その子どもは明らかに被害を被るわけです。自分の遺伝子を受け継ぐ息子のことを考えるのか、考えないのか。考えないような自己中心的な人が喫煙をするとどうなるのか。

関連
医学処:受動喫煙によって注意欠陥多動性障害(ADHD)のリスクは上がる
医学処:両親が禁煙すれば、乳幼児突然死症候群の危険性は大幅に減る。
医学処:渋谷駅モヤイ像前で、煙草とコンドームを交換するイベントを実施中


広告
posted by さじ at 02:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生殖
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。