2007年06月19日

処方せん不要の脂肪吸収抑制やせ薬「アライ」がアメリカで大人気。

米で処方せん不要の「やせ薬」発売、売り切れ続出

 米食品医薬品局(FDA)が初めて認可した処方せん不要のダイエット薬が6月中旬、全米で発売され、ドラッグストアで売り切れが続出する人気となっている。

 同薬は英製薬大手グラクソ・スミスクラインが開発した「alli(商品名、アライ)」。摂取した脂肪分の25%を吸収できなくすることで、薬を飲まずにダイエットした場合に比べて「5割増しの減量効果」があるという。

 ただ同薬に対しては「たくさん食べても太らないという誤った服用方法が広がるのでは」との懸念も浮上。同社は「低カロリー・低脂肪の食事に改め、運動を増やして、やせる努力をしなければ効果は期待できません」とパンフレットで注意喚起した。



 似たような商品、売ってますよね?脂肪を固めてしまうダイエット用品。あれはドラッグストアで売ってるわけではないということでしょうか。

 単に脂肪分の吸収を抑制するという、原理的にはいたってシンプルなものです。逆を言えば摂取の段階で脂肪分25%オフの食事をすれば良いのでは?運動して摂った分を消費するというのもアリでしょう。

関連
医学処:カロリー制限食や低塩分食などの医療食の通販を開始
医学処:未だに絶食によるダイエットを行っている人たちがいるらしい。
医学処:厚生労働省副大臣の公開ダイエット、武見敬三副大臣は成功する。


広告
posted by さじ at 02:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消化
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。