2007年06月13日

看護師が離れた場所にいても入院患者を監視できるシステム

離れた場所で患者の容体把握、シスメックスがシステム開発

 医療検査機器大手のシスメックスは看護師が離れた場所にいても入院患者を監視できるシステムを開発した。患者の体に着けた小型センサーで血圧や脈拍などを常に把握するほか、患者の姿勢もパソコン画面で確認できる。病院と連携してシステムの使い勝手などを改善し、1―2年後の実用化を目指す。

 発信機やセンサー技術などに強みを持つ大手精密機械メーカーと共同開発した。システムの販売価格は未定。ナースステーションの画面だけでなく、看護師が使う院内用の携帯端末でも見られるようにする



 次世代的ですねぇ。しかし常に病室を見る手間も省けますし、血圧や脈拍などを手持ちの端末で見られるのはとても便利ですね。空前の看護師不足なので、こういう工夫で1人あたりの負担を減らすことも、今後の病院体制に求められるものなのでしょう。

関連
医学処:レントゲン画像を携帯電話に転送するシステムを稼動
医学処:国立大学病院の看護師の4割が、過密労働でパニックになっていた。
医学処:ドコモと亀田総合病院が、携帯で見れる電子カルテを開発。


広告
posted by さじ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。