2007年06月12日

ミシガン州で臓器運搬用の飛行機が墜落、行方不明に。

臓器運搬用の飛行機が墜落 ミシガン湖

 ウィスコンシン州ミルウォーキーに近いミシガン湖に4日、ミシガン州の大学所有の飛行機が墜落した。6人が乗っていたとみられるが、行方は分かっていない。飛行機は通常、移植のための臓器運搬用に使われていたという。AP通信が伝えた。

 飛行機はミルウォーキーの空港を離陸して、ミシガン州デトロイト近郊の空港に向かっていた。離陸直後にパイロットから遭難の連絡が入り、間もなくレーダーから機影が消えたという。



 行方が分かっていないとは。臓器を狙う何者かに、的なサスペンス要素など現実にはありえないのでしょうが、臓器はそれほどまでに裏では取引されている、というのが現実でしょうからね。何事もないといいんですが。

関連
医学処:中国で臓器移植を受けた患者がB,C型肝炎ウイルスに感染
医学処:脳死移植、54例目を施行。10歳未満から40代までに移植
医学処:オランダの、腎移植相手を見つける番組で、ヤラセ発覚。


広告
posted by さじ at 01:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 移植
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック