2007年06月12日

4年ぶりに3万人以下になった日本人の自殺者。

自殺者、4年ぶり3万人割れ=昨年の国内日本人−厚労省

 国内の日本人の自殺者が昨年は2万9887人と2005年を666人下回り、02年以来4年ぶりに3万人を割ったことが、厚生労働省が6日公表した人口動態統計で分かった。

 人口動態統計での自殺者数は、02年は2万9949人だったが、03年に3万2109人となって以降は、05年まで3年連続で3万人台で推移していた。

 昨年の都道府県別の自殺者は、(1)東京(2502人)(2)大阪(1965人)(3)神奈川(1683人)(4)北海道(1471人)(5)静岡(1452人)−の順に多かった。

 人口10万人当たりだと、(1)秋田(42.7人)(2)岩手(34.2人)(3)山形、島根(31.7人)が多く、逆に少ないのは(1)奈良(18.0人)(2)岡山、徳島(19.0人)(3)神奈川(19.3人)−だった。



 若干復活してきたか?誉れ高いことです。人口10万人あたりで秋田が一番多いのは何ででしょうね。やはり悩み多き人が多いんでしょうか。農業とか。

関連
医学処:自殺しようとした人の2割程度しか、家族や友人に相談していない。
医学処:秋田大学が自殺予防のスペシャリストを育てる「自殺予防学」を開始
医学処:現在の日本の中学生の25%が「うつ状態」にある。
広告
posted by さじ at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44563035

この記事へのトラックバック