2007年06月11日

オランダの大学生が粉末状のアルコールを発明、未成年に販売か

未成年もOK? 粉末アルコール

 オランダの大学生が粉末状のアルコールを発明、合法的に未成年に販売できると言っている。

 このアルコール粉末は「ブーズ2ゴー」で、1パケット20グラムで価格は1〜1.5ユーロ(約160〜240円)。

 水を注ぐと泡が立ち、ライムの香りと色がするアルコール度3%のドリンクができる。

 ハルム・ファン・エルデレン氏(20)は、「若者マーケットを狙っているんです。バカルディをベースにしたカクテルといい勝負になるので、きっと夢中になると思う」とロイターに語った。

 同氏とヘリコン職業研究所の4人の同級生が、卒業プロジェクトとしてこのアイデアを思いついたという。プロジェクトメンバーの一人は、「液体ではないので、16歳以下の子供たちに売れると思います」と語った。

 オランダにおける飲酒と喫煙の法定年齢は16歳だ。

 プロジェクトメンバーたちによると、この粉末を商業生産すると、粉末であるため企業は酒税を払わずにすむという。数社が興味を示しているそうだ。



 凄い大学生。しかもオランダというアメリカ以上にラディカルな風土ですので、案外本当に販売できちゃうかもしれません。

 でもさすがにオランダといえど、アルコールの悪影響は分かっているので、子どもには販売できないかなぁと思います。オランダは安楽死や合法麻薬などでフリーダムですが、それは自由を認識できる人を対象にしています。成人の思考力を信じているわけですな。ですので子どもには無理かな、と。

関連
医学処:オランダで小児性愛者の政党が出馬するも非難轟々
医学処:オランダの、腎移植相手を見つける番組で、ヤラセ発覚。


広告
posted by さじ at 07:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。