2007年06月10日

尊厳死を認めようと「尊厳死法制化を考える議員連盟」が案件を公表

尊厳死を認めようと有志議員が法案要綱案を公表

 延命治療を希望しない終末期患者の治療を中止する「尊厳死」を認めようと、超党派の有志国会議員で構成する「尊厳死法制化を考える議員連盟」(会長=中山太郎元外相)は7日、総会を開き、法案要綱案を公表した。

 要綱案は、患者本人の自己決定権の尊重と、治療を中止する医師の免責を担保する法制化に向けた議論のたたき台となる。

 要綱案によると、法律は、治療による回復の可能性がなく死期が切迫している「臨死状態」に陥った患者を対象とし、延命中止を求める患者の意思を十分尊重すると明記した。15歳以上の患者が文書で治療の中止の意向を示した上で、担当医以外の2人以上の医師が容体を確認し、臨死状態と判断した時、医師が治療を中止できるとした。



 おおお。こういう国会議員は応援したくなります。誰も面倒がってやろうとしない、倫理的にやっかいなことを引き受けてまで、一番苦しんでいる患者のQOLを考えているわけです。偉いですよ。他の議員も見習えって感じです。

 尊厳死:適切な治療をしても回復する見込みのない末期の患者が、生命を維持する無益な装置や処置を受けず、自然に寿命を迎えて死ぬこと。致死薬などで死期を早める「積極的安楽死」とは区別される。

関連
医学処:人工呼吸器問題以降、尊厳死宣言書の登録が急増
医学処:富山県射水市民病院が終末期医療の基本方針を発表
医学処:和歌山県立医大が、医師の呼吸器外しは犯罪とは考えないと主張


広告
posted by さじ at 04:03 | Comment(1) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
生きる私達は生命を否定して自由、自立を求めても?どうにもならない当然たる確認性は、透明な存在の意識の内に経験に並んだ意識の内に蓄積され一つ一つが万人の意識の内を通過して行くに及び意味ある記載記事です。自由の観念性の極限の形に及ぶ制約に反発する心性が、いかなる共同性にも、いかなる組織にも異を唱える。破壊と否定行為の内にしか自由を実感出来ない、この現象を応用して考え吟味した上で賛成です
Posted by みか at 2010年11月11日 21:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。