2007年06月09日

脳は不必要な記憶を忘れることで活動を効率化している。

脳の「記憶」は忘れることで効率化 米大学

 人間の脳は大事な記憶をすぐ思いだせるようにするため、関連する相対的に不必要な記憶を忘れ、脳の活動を効率化している可能性があることが分かった。米スタンフォード大の研究チームが4日、20人を対象とする実験結果を米科学誌ネイチャー・ニューロサイエンスの電子版に発表した。物忘れには悪いイメージがあるが、頭の中身も整理が必要なようだ。

 実験の主な段取りはまず、ATTIC(屋根裏)というキーワードでDUST(ちり)やJUNK(くず)などの関連する単語6つと、MOVIE(映画)というキーワードとそれに関連する6単語を覚える。

 この後、(1)ATTICとDの頭文字を見て、DUSTを思いだすことを繰り返し、かかった時間を毎回記録する(2)ATTICと関連する6単語の頭文字を見て、それぞれの単語を思いだせるかテストし、(1)の作業を行わなかったMOVIEと関連6単語のテスト結果と比較する。

 DUSTは作業を繰り返すにつれ、思いだすのにかかる時間が短くなった。意外なことに、JUNKなどの残り5単語については、(1)の作業を行わなかったMOVIEと関連6単語より、忘れてしまう確率が高かった。

 被験者の脳を機能的磁気共鳴画像診断装置(fMRI)で調べると、DUSTを思いだす回数が増えるとともに、脳の前部帯状皮質や前頭前野の一部の血流が少なくなり、効率的に活動していることが分かった。



 正直よくわからない実験ですね。そりゃそうだろうという気もしますが…。

関連
医学処:トラウマの記憶は、幸せな記憶よりも残りやすい。
医学処:生後六ヶ月の記憶の持続時間は約24時間。
医学処:光ナビゲーションキーボードが脳の活性化に効果あり


広告
posted by さじ at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳神
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。