2007年06月08日

点滴用注射針で長女を虐待。長女の体内から覚醒剤と精神安定剤を検出

注射針虐待 逃走の母を拉致、監禁 男2人逮捕

 大阪市阿倍野区のマンションで、母親と同居していた男が治療と称して点滴用注射針を刺し、長女(10)を虐待した事件で、この母親(38)=傷害、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕=が車で拉致、監禁されていたことが大阪府警の調べで7日、分かった。府警は逮捕監禁容疑などで兵庫県川西市の自営業、新田仁志容疑者(40)ら2人を逮捕。逮捕監禁は新田容疑者らが母親と同居していた無職、加地正一容疑者(45)=同=の借金の取り立て目的だったとみられる。

 加地容疑者本人も事情を知っていた可能性があり、府警は同容疑者の関与についても追及する方針。長女の虐待についても、複雑な家族関係が背景にあったとみている。

 当時、母親は長女を虐待していた疑いで逮捕状が出ており、加地容疑者と逃走中。監禁事件の翌日、大阪市内の親類宅にいるのが見つかり逮捕された。母親の供述から監禁事件が発覚し、府警は5月26日、新田容疑者らを逮捕した。

 新田容疑者は以前から加地容疑者が賭博で重ねた借金の返済を迫っていたという。

 一方、母親はこれまでの調べに対し「(新田容疑者から)加地容疑者も事情を知っていると聞かされた」などと話しており、府警は加地容疑者が犯行を教唆した疑いもあるとみている。

 母親と加地容疑者は2月上旬、自宅マンションで長女の腕に点滴用の注射針を刺したとして逮捕され、5月に覚せい剤取締法違反(使用)容疑で再逮捕。長女の体内から微量の覚醒剤と精神安定剤「エチゾラム」の成分が検出されたことも分かっている



 生きている価値があるとは思えないほどのクズ。10歳の女児は人として生きていくうえで一番大事な時期をボロボロにされてしまいました。キツい事件ですね、これ。針を刺す虐待だけかと思いきや、覚せい剤と精神安定剤まで注射されていたとは。

 こういう事件があるから、赤ちゃんポストは社会に必要なんでしょうね。いつまで「子どもは親が育てるもの」なんて固定観念に縛られている必要があるんでしょうか。

関連
医学処:全身に菌がまわってショック死した女児は、頭部に熱湯をかけられていた
医学処:赤ちゃんの手術を拒否した両親に親権停止処分。
医学処:4歳児が親に置き去りにされ、一ヶ月間生ゴミや生の米で生き延びる


広告
posted by さじ at 08:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。