2007年06月02日

麻疹にかかったことがなく予防接種もしていない妊婦は注意。

妊婦さんにはしか感染 流・早産の恐れ…厚労省が呼びかけ

 厚生労働省は30日、はしかに免疫のない妊婦が感染すると、流産や早産を起こしやすくなるため、インターネットなどを通じて、妊婦や近い将来妊娠を希望している女性に対し、注意を呼びかけることを決めた。

 はしかにかかったことがなく、ワクチン接種もしていない女性が、妊娠中にはしかにかかった場合、陣痛促進剤を投与した時のように、強い子宮の収縮を起こすことがあるとされる。妊娠初期ではしかにかかると31%が流産するほか、中期以降でも9%が流・死産、24%が早産すると報告されている。

 2000〜01年にはしかが流行した福島県内の公立病院では、8人の妊婦がはしかを発症して受診。このうち2人が流産し、1人が死産した。

 また、ウイルスの毒性を弱めて作るはしかワクチンは、妊娠に悪影響を及ぼす恐れがあるので、妊娠中は受けられず、妊娠前の接種が望ましいという。



 ただの成人が感染しても重篤になるんですから、妊婦さんが感染したらそれはもうえらいことです。今妊娠している人はどうしようもないですが、まだ抗体がない人で妊娠する可能性のある人はご注意。予防接種をしっかり行いましょう。

 記事とは関係ないのですが、「そういえば妊婦が感染すると奇形や重篤になる5つの感染症をまとめてなんて言うんだっけ」とド忘れしたものを探してネットを放浪してしまいました。

 答えはTORCH症候群でした。胸のつかえがとれてすっきりした気分です。

 トキソプラズマ症(Toxoplasma)、その他B型肝炎ウイルスやEBウイルスなど(Other)、風疹(Rubella)、サイトメガロウイルス(Cytomegalovirus)、単純ヘルペスウイルス(Herpes simplexvirus)の5つです。

参考:TORCH症候群 看護師国家試験対策ノート

関連
医学処:りんご病が再び増加傾向。妊婦は感染にご注意
医学処:妊娠中からキシリトールを摂れば、赤ちゃんの虫歯予防になる


広告
posted by さじ at 02:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感染
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。