2007年06月01日

中国産毒性原料を含んだ咳止め薬を飲んで多数の死者が出る。

せき薬死亡、原料輸出の中国・副局長「原因はパナマ側に」

 中米パナマで昨年、中国産毒性原料を含むせき止め薬を服用した人が多数死亡、中国の医薬品、食品への信用を失墜させた事件で、中国国家質量監督検験検疫総局の魏伝忠・副局長らが31日、北京で記者会見し、主な原因はパナマ企業側にあるとの調査結果を発表した。

 魏副局長によると、中国江蘇省の企業が2003年、グリセリンの代用品となる工業用製品「TDグリセリン」を、スペイン企業に薬には使えないと念を押した上で1万キロ以上輸出。後日、スペインから「TDグリセリン」を輸入したパナマ企業が、米国で薬に使用できる物質と偽って薬の原料にしたという。

 魏副局長は、パナマで毒性物質を含む中国産練り歯磨きが見つかったとされる件でも、安全上の問題はないと語った。



 中国凄いっすな、最近。医薬品や食品のチェックを厳重にしているんでしょうか。

 今回の死亡者を出した咳止めシロップについては、「薬として使うなど聞いていない。作ったパナマ側が悪い」としており、さらにこの毒物と同じものを使って作った練り歯磨きに関しては「毒性の低い物質で、大量に使わなければ問題ない」と主張しています。

 なんかおかしい。

関連
医学処:中国産の烏龍茶から殺虫剤「トリアゾホス」が検出
医学処:中国企業のリップバームから発がん性色素「スーダン色素」を検出
医学処:アトピー性皮膚炎に効くという中国製健康食品からベタメタゾン検出


広告
posted by さじ at 01:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | 薬理
この記事へのコメント
 是非、このHP見られては?
http://specialnotes.blog77.fc2.com/page-1.html
Posted by ニコ at 2007年06月01日 10:15
>>ニコさん
ありがとうございます!

>>ビューティーズさん
ありがとうございます!
Posted by さじ at 2007年07月15日 12:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。