2007年06月01日

アトピー性皮膚炎に効くという中国製健康食品からベタメタゾン検出

健康食品にステロイド剤 中国製、茨城の幼児に被害

 厚生労働省と茨城県は31日、アトピー性皮膚炎に効くとされる中国製の健康食品を服用した同県内の幼児が、顔がむくんで丸みを帯びる「ムーンフェース」や、体毛が濃くなる「多毛」の健康被害を発症したと発表した。幼児は快方に向かっている。

 同省や県によると、商品名は「適応源」。ステロイド剤の一種「ベタメタゾン」が検出され、同省などは「健康食品と称しての製造、販売は薬事法違反に当たる」として注意を呼び掛けている。

 赤色と緑色の2種類の錠剤で、母親が昨年12月、インターネットで知り合った友人を通じて中国・上海の業者から個人輸入した。幼児は12月下旬から服用を始め、1月上旬になって症状が表れたという。母親から相談を受けた茨城県が成分を調べたところ、緑色の錠剤からベタメタゾンが検出された。



 中国怖い。そしてそんな商品を買っちまうほうも怖い。まあ何かにすがりたいという思いはあるでしょうが、もし本当に効くのならば日本の医療機関も使用しているわけですからねぇ。ステロイドが入っていると知らずに使い続けていたら他にもっと悪影響が出たかもしれません。こういった健康食品はもはや自己責任ですから、自身に使うならまだしも、子どもに使うときは要注意でお願いします。もし分からなかったら受診している医療機関の医師に相談して下さい。

関連
医学処:ビフィズス菌「BB536」がアレルギー症状を緩和する。
医学処:カスピ海ヨーグルトを食べるとアトピー性皮膚炎が緩和する。
医学処:喘息やアトピーなど、子供のアレルギー疾患が激増中。


広告
posted by さじ at 01:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 皮膚
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。