2007年05月31日

日本の大手メーカー、中外製薬がインドネシアに輸液工場を建設

中外製薬、インドネシアにリンゲル工場建設

 中外製薬は、アイデントラストパーマ・P&パートナーズ(P&Partners Investment)とインドネシアのジャカルタ近郊に2000万ドル(約24兆円)規模の基礎輸液(リンゲル)工場を建設するという内容の覚書(MOU)を締結したと29日、伝えた。

 韓国の製薬会社が海外で輸液プラント輸出契約を結ぶのは今回が初めて。これを受け2009年末までに年間3000万本の基礎輸液の生産が可能な工場を完工する計画だと同社は説明した。2006年基準のインドネシアの基礎輸液市場は年間6500万本。

 中外製薬は3月、中国広東省や浙江?地域と240万ドルの輸液フィルムの輸出契約を結んだ。



 タミフル問題で揺れに揺れております、中外製薬です。朝鮮日報のソースなので2000万ドルを24兆円としていますが、これは24億円の間違いでしょう。

 しかし、中外製薬が韓国の製薬会社としているのには驚きました。これは誤りなのか、ナチュラルに知らないだけなのか。もしや私が今まで勘違いしていたのかと思い調べてみましたところ、以下のようだったようで一安心。

 中外製薬株式会社は、日本の大手医薬品メーカーである。1925年3月、上野十蔵によって中外新薬商会として創立される。1944年4月、(株)松永製薬所を吸収合併、松永工場開設(広島県)(略)

参考:中外製薬について

関連
医学処:医薬品売り上げランキング、日本産が大健闘
医学処:武田薬品とエーザイが新薬の治験を海外並に短縮する
医学処:旭化成とクラレが人工腎臓事業を統合し、競争力を強化する
医学処:米製薬会社最大手のファイザーが全世界で1万人のリストラ
医学処:5000億を売り上げた高脂血症治療薬の発明者が会社を提訴。


広告
posted by さじ at 00:44 | Comment(3) | TrackBack(0) | 薬理
この記事へのコメント
私も同じことに驚き、調べ、ここにたどり着きました。

私たちの知っている中外製薬は日本のメーカーですが、それとは別の中外製薬が韓国にあるのかもしれないと、まだ少し疑っています。
Posted by ナツ at 2007年07月06日 23:23
突然お邪魔します。製薬メーカー勤務の者です。

お書きの「中外製薬」ですが、韓国ChoongWae社のことを「韓国中外」と呼ぶことがあるので、恐らくそこのことかと思われます。
https://www.cwp.co.kr/eng/

日本の中外とは提携関係はあるようですが、別物と思った方が良さそうです。
韓国に合弁会社があります。
http://www.cnclab.co.kr/jan/index.html

もし、もう解決していたら失礼致しました。
Posted by River at 2008年09月13日 10:25
>>Riverさん
なるほど、そういうことだったんですね。
やっと納得しました。
ありがとうございます!
Posted by さじ at 2008年09月16日 10:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。