2007年05月31日

ZARDの死は自殺か事故か、慶應大学病院に責任が問われる。

謎?謎?謎? ZARD急死の真相、飛び交う憶測

 27日に脳挫傷で急逝した人気音楽ユニット「ZARD」のボーカル、坂井泉水さん(享年40、本名・蒲池幸子)の死因にさまざまな憶測が飛び交っている。ある音楽関係者は「身辺整理をしていなかった。詞を書くなど、復帰に前向きだった」と自殺説を完全否定するが、入院先の病院関係者は「自殺しかあり得ない。病院側の管理責任が問われる」と明かす。滅多に表舞台へ姿を見せず、謎の多かった孤高のシンガーの最期は深い闇に包まれている。

 自殺と事故の両面で調べを進める警視庁によると、坂井さんは26日午前5時40分ごろ、東京・信濃町の慶応大学病院の駐車場で、頭から血を流してあおむけで倒れているところを通行人に発見された。坂井さんは病棟脇にある非常用スロープ(高さ約3メートル)から転落したとみられている。

 「患者があれほどの早朝に、非常通路に出入りすることはない。しかも、雨が降る早朝に散歩することも不自然だ。自らの意思で乗り越えたとしか思えない。状況から考えて自殺ではないのか。病院関係者の多くがそうみている」

 坂井さんは現場となったスロープのある病棟の4階に入院していたが、病棟からスロープへは施錠してあるため、直接出入りはできないという

 この関係者は続けて、「患者に自殺を許してしまった病院側に管理責任問題が問われる可能性もある」とも話す。

 警視庁の発表によれば、坂井さんが手すりを乗り越えた痕跡が見つかっており、「足を滑らせた」と発表した事務所側のコメントと大きく矛盾している。

 一方、音楽関係者は「遺書もなかったし、病室が整理された様子もまったくない。病室では詞を書き留めたり、秋ごろをめどに、ツアーやアルバム製作を予定するなど、復帰にはとても意欲的でした」と真っ向から自殺説を否定する。

 坂井さんは発見時、私服で病室のベッドにはパジャマが脱ぎ捨てられていた。さらに、坂井さんはファンクラブの最新の会報にも「体調は思わしくないが、頑張っている」と前向きなメッセージを寄せていたといい、生前、自殺の兆候がなかったことを物語る。

 乗り越えたとされる手すりは1階部分で、警視庁では「自殺で3メートルの高さは低すぎる」と漏らす捜査関係者もいる。坂井さんが手すりに腰掛け、誤って転落した可能性も含めて調べているが、目撃者もなく、死因の断定には時間がかかりそうだ。



 慶應大学病院としては、つらいところですね。自殺でも事故でも、病院側の落ち度が指摘されてしまいます。ですが、自殺か事故か、それによって大きな違いが出てくることもまた事実。自分の意思で飛び降りたのか、それとも転落なのか。後者の場合の病院の叩かれようはすさまじいものになるでしょう。あらゆることを考え、事故を防止する病院側の体制がなっていないとバッシングを受けることは必至です。

 自殺の兆候がなくても、衝動的にやってしまうことはあるでしょうし、公式的な発表でネガティブなことは書かないと思います。動機の点というより、現場検証や検死で明らかにしてほしいです。

関連
医学処:自殺対策基本法が可決したけど、何なのこの法律は
医学処:秋田大学が自殺予防のスペシャリストを育てる「自殺予防学」を開始
医学処:検視しかしておらず、変死体の殺人見過ごしが過去13件発覚


広告
posted by さじ at 00:07 | Comment(1) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
ザードの歌詞 曲 いいですね。大ヒット曲多いですね。
のんびり療養、休養してほしかったなぁ。ご冥福を お祈り申し上げます。事故 事件 研究会(名前検討中
政治研究会(名前検討中
Posted by 村石太レディ at 2012年01月21日 15:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。