2007年05月29日

インドネシアの5歳少女が鳥インフルエンザで死亡

鳥インフルエンザで5歳女児死亡、77人目 インドネシア

 インドネシア中ジャワ州の5歳少女が、高病原性鳥インフルエンザに感染し、死亡したことが判明した。同国の保健省が23日、明らかにした。これで、インドネシアの鳥インフルエンザ死者は、世界最大の77人となった

 保健省当局者によると、この少女は今月8日から体調が悪化し、病院で手当てを受けていたが、17日に死亡した。

 保健当局では、感染経路などを調べている。少女の自宅近辺では、少なくとも20羽のニワトリが突然、死んでいたという

 世界保健機関(WHO)によれば、5月16日現在、鳥インフルエンザによる死者は世界12カ国で185人に達している。うち、インドネシアが最多の76人を占めていた。



 広がってますねぇ。感染源が鳥なだけに、根絶するのはおそらく不可能でしょう。後々、爆発的に流行する予感がします。

 あと一ヶ月後なのか、半年なのか、数年後なのかは分かりませんが、流行を阻止するために与えられた時間は短くなっています。阻止、すなわち鳥インフルエンザの治療法を発見することこそが、アジアを猛威から救う最大の盾になるでしょう。研究者の方々を強く応援していきたいと思います。

関連
医学処:熊本県内のクマタカの死骸から鳥インフルエンザを検出
医学処:日本中国韓国の3国が、新型インフルエンザに共同で対処する
医学処:北大で、鳥インフルエンザのワクチン開発に成功する。


広告
posted by さじ at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感染
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。