2007年05月17日

乳がんの約1%は男性にできますし、女性よりも生存率が悪いです

男性の乳がん、初期の生存率は女性を大きく下回ると

 初期の乳がんが判明した男性の生存率が、女性の生存率を大きく下回ることが、米オハイオ州シンシナティ大学の調査によって明らかになった。男性の乳がんには、女性における治療法をそのまま応用できない可能性があるとして、より詳細な研究が必要だとしている。

 乳がんは女性に多く見られるが、乳がんの約1%は、男性で発症している。女性の乳がんでは、治療法も発達し、生存率も上昇しているが、男性の場合は過去30年間にわたって、生存率などに改善が見られないという。

 がん専門の学術誌に調査報告を発表したシンシナティ大学のナーレー博士らによると、乳がんの患者、男性612人と女性2413人について、がんの段階と生存率に注目したところ、末期患者の生存率には男女差があまり見られなかったが、初期段階の患者については、男性の生存率が大きく女性を下回った。

 男性の場合、乳がんがリンパ節に転移することはないが、生存率は6年と、女性の15年を下回った。

 また、治療法によっても生存率が変化。化学療法と放射線治療を受けた男性患者の生存率は、同じ治療を受けた女性患者よりを下回ったが、ホルモン療法を受けた男性患者では、女性患者とほぼ同じだったという。



 あまり知られていませんが、男性にも乳がんはできます。初期の段階の癌の場合、女性は切り取ってしまえば治るということもありますが、男性の場合はそこまで切り取るアレがないということで生存率が悪いのでしょうか。

関連:
医学処 乳がん早期発見を訴える、ピンクリボン・スマイルウォーク
医学処 乳がん手術前のセンチネルリンパ節生検が普及しはじめてきた。
医学処 X線と超音波を組み合わせた検診で乳がん死亡率は低減するか


広告
posted by さじ at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | がん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。