2007年05月15日

紫外線は真昼よりも午前9時ごろのほうが多い。

紫外線、朝も要注意・目に悪影響、金沢医大など調査

 そろそろ紫外線が気になる季節。目が浴びる有害な紫外線の強さは、真昼よりも午前9時ごろと午後2―3時ごろがピークで、午前9時ごろでは真昼の約2倍に達することが金沢医大の佐々木洋教授(眼科学)と医薬品メーカーのジョンソン・エンド・ジョンソンの共同調査で分かった。

 紫外線を長年浴び続けると、手術でしか治せない「翼状片」になり、乱視や視力低下となる恐れがあるという。佐々木教授は「日焼けと目への紫外線対策は別と考え、サングラスや帽子などでケアを」と話している。



 太陽の光が強ければ紫外線が多いってわけではないんですよね。イメージ的にはそう捉えてしまいがちなんですが。面白い話では、曇りの日でも紫外線は多いというものがあります。日本人は白人より若干強いとはいえ、目に受ける紫外線の害は深刻ですから、注意するようにしてください。

関連:
医学処 日光の浴びすぎで毎年6万人が死亡
医学処 長距離ランナーは、皮膚癌のリスクが高くなる。
医学処 松坂も使っている、競技者用コンタクトレンズ「マックスサイト」


広告
posted by さじ at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 眼科
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。