2007年05月09日

糖尿病で壊死した足を切断せずに済む治療法、マゴットセラピー

ウジ虫療法で足切断回避 難治性潰瘍に高い効果

 糖尿病などで足が壊死する「難治性潰瘍」で切断しか治療法のない患者に、岡山大の三井秀也講師(心臓血管外科)が「マゴット(ハエ幼虫)セラピー」という治療法を行ったところ、9割の患者が足を切断せずにすむなど高い効果が認められていることが30日、分かった。

 日本では壊死による足切断は3000例を超えるとされる。三井講師は秋にも医師主導臨床試験に取り組む予定。英国では保険医療が認められ、年間数百人が治療を受けている。

 マゴットセラピーは、壊死した皮膚にハエの幼虫をガーゼとともに固定して行う。幼虫が腐敗した部分を食べ傷をきれいにするとともに、幼虫の唾液に含まれる物質が微生物を殺す役目を果たし、傷の回復を早める。週に2回ほどガーゼを取り換え、2〜3週間で効果があらわれる。

 三井講師はオーストラリア留学中にこの治療法を知り、平成16年に糖尿病などの合併症で足切断しか治療法のない60代の女性に日本で初めて実施。潰瘍が1週間で半分の大きさになり、患者の痛みも軽減したという。傷が完治したこの女性は3カ月で退院。切断をまぬがれた足で歩行に努めたためか、その後の糖尿病のコントロールも良好だという。

 マゴットセラピーはこれまで国内27カ所で約100例が行われ、このうち三井講師は66例を手がけた。患者はいずれも他の医療機関で「即足切断か足切断の可能性あり」と診断されたが、治療の結果、58例で傷が完治し、足切断せずにすんだという

 治療に使うのはヒロズキンバエの幼虫。当初はオーストラリアから輸入していたため完治まで約30万円かかったが、現在は自前で育てたものを使うため費用は12〜18万円ですむようになった。それでも保険適用される足の切断手術(1カ月の入院で自己負担約8万円)に比べると、患者の金銭的負担が大きい。

 三井講師は「自分で歩くことができれば、糖尿病もコントロールしやすくなり、医療費削減につながる。全国どこの病院でも治療を受けられるようにして、1人でも多く足切断から救いたい」と話している。



 岡山といえばマゴットセラピーというほど、有名になりつつあります。蛆虫といっても自前で育てているため決して汚いものではなく、壊死して人の手ではどうしようもない組織を綺麗にしてくれるため、かなり有用だそうです。

 糖尿病になると末梢の血流が悪くなり、足を切断しなければならないケースも数多くあります。しかしマゴットセラピーを行うことで足を温存することもできるので、一度参考にされてみてはいかがでしょうか。

関連:
医学処 糖尿病の患者は治療を中断することが多い。
医学処 ウイスキーの樽成分に、糖尿病を予防する作用
医学処 肥満と糖尿病のなりやすさにはDNAの微妙な違いが関係していた


広告
posted by さじ at 02:11 | Comment(5) | TrackBack(0) | 皮膚
この記事へのコメント
突然ですが次のことについてお知らせくださるようお願いいたします。

岡山大学の三井講師によるマゴットセラピィについてもっと詳しく知るにはどうすればいいのでしょうか。私の義弟が糖尿病の悪化による壊疽で今月28日にも足切断の手術を宣告されましたため
身内の悲嘆は覆うべくもなく急遽ネットを開いてこのような治療法があることを知った次第です。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
Posted by 森木 一夫 at 2008年03月15日 22:20
突然ですがマゴットセラピィについてお尋ねいたします。
実は私の義弟が今月28日に糖尿病による壊疽で足の切断手術を宣告されました。
身内の驚愕と悲嘆は覆うべくもありませんがたまたまネットで見たこの情報に矢も盾もたまらずメールを差し上げる次第です。
岡山大学の三井先生の診察が受けられるにはどのような連絡や徹好き
Posted by 森木 一夫 at 2008年03月15日 22:38
岡山大学がパイオニア的存在ですが、今では結構色々な場所でやられていますよ。ベンチャー企業も出ているぐらいですし。

マゴットセラピーを行う主な医療機関

函館中央病院(北海道)形成外科 0138・52・1231
十和田第一病院(青森)外科 017・622・5511
仙台社会保険病院・外科 022・275・3111
豊栄病院(新潟)・整形外科 025・386・2311
東京医科歯科大・血管外科 03・3813・6111
日本医大(東京)再生医療科 03・3822・2131
湘南鎌倉総合病院(神奈川)腎臓内科 0467・46・1717
社会保険中京病院(愛知)腎・透析科 052・691・7151
いぶきクリニック(大阪) 06・6909・1110
医誠会病院(大阪)形成外科 06・6326・1121
三木山陽病院(兵庫)内科・整形外科 0794・85・3061
マミ皮フ科クリニック(奈良) 0745・77・9997
済生会和歌山病院・心臓血管外科 073・424・5185
島根大・皮膚科 0853・23・2111
岡山大・心臓血管外科 086・223・7151
光生病院(岡山)創傷治癒センター 086・222・6806
岡山第一病院・外科 086・272・4088
平和台病院(宮崎)内科 0985・24・2605
羽牟クリニック(鹿児島) 0993・52・2036

http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/saisin/20070914-OYT8T00190.htm
Posted by さじ at 2008年03月15日 23:24
妻が1ヶ月前に右足小指側面を靴擦れし、受診した処、壊死とのことで9/2夜から入院して治療していたのですが、9/28になって、中指から小指までを切断しなければ・・・と宣告されました。
持病として10年前から糖尿病性腎炎にて人工透析を週3回行っています。
そこでこのHPを見て「マゴットセラピィ」という治療を知ったのですが、もう少し詳しく知りたいのでお教え下さいますか。
Posted by 渡部 隆章 at 2009年09月29日 12:38
こちらのサイトが一番分かりやすいと思います。
治療法、実施病院などについても書かれています。

http://www.icn-jp.com/~maggot/
Posted by さじ at 2009年09月29日 19:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。