2007年05月05日

血液型による性格分類について色々言われるのがツラい。

血液型トークうんざり

Q.血液型による性格分類についてあれこれ話す“血液型トーク”に悩まされています。

 私もいちいち、「神経質」「きちょうめん」と指摘され、うんざりします。人に性格を断定されるのは、不本意です。たとえ思っていても、言わないでほしいと願います。

 以前、「おおらかな人は、血液型にはこだわらない。血液型トークに必死な人は悩みが多い」という知人の話を聞き、気が楽になりました。 でも、いまだに、血液型の話をする人は多く、少しでも耳にすると、嫌な気になるのです。「セクハラ」ならぬ「血ハラ」です。

 テレビでも、油断していると「その血液型は、細かいことを気にする性格」などと言っています。

 何とかならないものでしょうか。

A.血液型について話されるのが、嫌でたまらないということです。嫌で、ちょっとでも聞こえてくると、気になって仕方がないのですね。嫌いというのはそういうものです。

 気にするなと言うしかないのですが、それができない。血液型によって性格を分類するなんて、粗雑きわまりないと私は思います。血液型が本当に必要なのは、輸血の時ぐらいです

 とかく人は分類をしたがるものです。その上で自分はどこに位置しているか気になり、できれば上位にいたいと願っているのです。しかし、その分類の仕方がいい加減なものなら、自分の場所なども根拠のないものです。だから、気にするほうがおかしいのです。

 A型B型と分けるのは、群れたがる心理なのかもしれません。同類でまとまるのは、他と区別することです。つまり、血液型を気にする人は、根拠のないことでも仲間を作りたがる、悩み多き寂しい人だと思っていれば、血液型トークなど気にもならなくなるでしょう。つまらないことにはかかわらない方がいいです。



 私も血液型による性格判断には否定的ですが……AB型だけは「あー分かる」って思うようなトリッキーな人が多いですね、今までの経験上。

 どうしてそんな特殊な性格してんだろうかと思う人は、結構な割合でAB型です。赤血球の抗原型が異なることで何らかの影響を及ぼしているのですかね。

 女性は結構占い系好きだと思うんですけど、こと血液型においては、スーパーの刺身盛りについてくる菊の花程度の、どうでもいい感覚で捉えていいと思います。いわば、話の小ネタ程度で。まぁ話題に上っても、そんなの意識してる人ほとんどいませんよ。気にしない気にしない。

関連:
医学処 ニプロが人工血液事業に参入
医学処 大阪で、過去最悪なほどに輸血用血液が不足している。


広告
posted by さじ at 03:24 | Comment(3) | TrackBack(0) | 生理
この記事へのコメント
はじめまして。ピザテンフォーのYutakarlsonです。血液型性格診断や、血ハラは、非常に問題です。このことに関する詳細を私の下記URLのブログに記載しました。よろしかったらご覧下さい。
http://yutakarlson.blogspot.com/2007/09/blog-post_05.html
また、テンフォーでは、紙のピザボックスそのものをなくす運動も展開中です。よろしかったら、以下のブログもご覧になって下さい。
http://yutakarlson.blogspot.com/2007/08/blog-post_18.html
http://yutakarlson.blogspot.com/2007/08/mottainai.html
Posted by yutakarlson at 2007年09月05日 11:59
情報ありがとうございます!血液型については、今までの血液型占いの結果とはまるで違った偽の本か何かを出して、大々的に「決定版!」といった感じで宣伝して、その後アンケートを取ってみれば、ハッキリするんじゃないかと思いながら読んでいましたが、松岡氏が既にバーナム効果を用いて実験されていたのですね。これは非常に説得力があります。血液型占いの幕を閉じたといっても過言ではないでしょうね。
Posted by さじ at 2007年09月05日 17:23
加えてピザのお話には感心させられました。「熱した皿の使用によりピザの保温効果が増すほか、ごみを出す必要がない」の一文は強烈なインパクトがありますね。お皿による提供を行っているところがあるなんて、初めて知りました…。
Posted by さじ at 2007年09月05日 17:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。