2007年05月01日

厚生労働省が新たな診療科として「総合科」を創設する。

受診、最初は「総合科」 専門医に橋渡し

 厚生労働省は、専門分野に偏らない総合的な診療能力のある医師を増やすため、新たな診療科として「総合科」を創設する方針を決めた。

 能力のある医師を国が「総合科医」として認定する仕組みを整える。初期診療は総合科医が行い、必要に応じて専門の診療科に患者を振り分ける2段階方式を定着させることで、医療の効率化を図り、勤務医の労働環境の改善にもつなげる狙いがある。日本医師会にも協力を求め、5月にも具体策の検討に入り、早ければ来年度中にもスタートさせる。

 総合科は、「熱がある」「動悸や息切れがする」「血圧も高い」など一般的な症状の患者の訴えを聞き、適切に治療したり、専門医に振り分けたりする診療科を指す。同省では、開業医の多くが総合科医となり、いつでも連絡がつくかかりつけの医師として、地域医療を支える存在となることを期待している。

 医師が自由に看板を掲げられる内科、外科、皮膚科などの一般診療科とは区別し、総合科医を名乗るには、同省の審議会の資格審査や研修を受けたうえで、厚労相の許可を受けなければならない。国が技量にお墨付きを与えるこうした診療科は、これまで麻酔科しかなかった。

 日本の医療現場はこれまで、日常の診療を行う診療所(開業医)と、24時間対応で入院と専門治療に当たる病院との役割分担があいまいだった。このため、胸の痛みやめまいなどを感じた患者が、どの医療機関にかかるか迷った末、大事を取って専門性の高い病院に集中。軽症患者から救急患者まで多数が押し寄せる病院では、医師の勤務状況が悪化し、勤務医の退職が相次ぐ一因にもなっていた。

 同省では、総合科導入を「医療提供体制を改革する切り札」と位置づけており、5月にも医道審議会の専門部会で議論に入る。将来的には、診療報酬上の点数を手厚くすることも視野に入れる。

 能力の高い総合科医が増えれば、初診の患者が安心して総合科を訪れるようになり、「3時間待ちの3分診療」と言われた病院の混雑緩和にも役立つ。例えば、疲労を訴える高齢者が総合科を受診した場合、高血圧など基本的な症状の改善は同科で行い、心臓などに深刻な症状が見つかれば、速やかに専門医につなぐ仕組みを想定している。

 厚労省とは別に、今月から「総合医制度」の具体的な検討に入っていた日本医師会(唐沢祥人会長)も、総合的な診療能力のある医師の養成で同省に協力していくことを確認。総合科の創設についても、「患者が求める方向であり、異論はない」(地域医療担当理事)としている。



 おっ、これはいいですね。今でいうところの「内科」というアバウトな科を全て「総合科」としてしまう、ということです。今の診療所では「内科」と掲げていても、その医者の専門が呼吸器内科なのか循環器内科なのか消化器内科なのか、分かりませんでしたからね。

 海外では、まず地域ごとの総合科のような場所で診察を受け、専門的な処置が必要だったら大きな病院にまわすという仕組みがとられています。医療がスムーズに進む反面、お金がないと患者が病院を選べないというシステムです。対して日本では、国民の誰もが安価で好きな病院を選ぶことができます。しかしながら専門病院や大病院に患者が集中してしまい、勤務医の激務状態が続いているのです。

 やはり少し不便ではあっても、地域ごとの診療所で総合科をつくり、大病院に紹介状を書く仕組みが一番良い医療を提供できるでしょうね。緊急性の高い疾患を見逃さず迅速に紹介するシステム作りさえできれば、総合科のメリットはかなり大きいものとなるでしょう。

関連:
医学処 高齢者を総合的に診るジェネラリストが今後必要である。
医学処 妊娠、出産、全てに対応できる「総合産婦人科医」を育成する


広告
posted by さじ at 04:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。