2007年04月29日

認知症の予防に、30分以内の昼寝や緑黄色野菜中心の食事が有効

認知症シンポ:「短時間の昼寝効果的」などアドバイス

 認知症の予防策を考えるシンポジウム「認知症予防のポイント」(毎日新聞社・ぼけ予防協会主催)が28日、名古屋駅前のミッドランドスクエア内ミッドランドホールで開かれた。約400人の入場者を前に、専門家たちが「短時間の昼寝が効果的」「趣味を持つべき」などとアドバイスした

 医療や厚生労働省関係者が参加。「30分以内の昼寝のほか、魚や緑黄色野菜中心の食事を心がけて」(田平武・国立長寿医療センター研究所長)▽「1回20〜60分の有酸素運動が良い」(朝田隆・筑波大教授)▽「長時間労働などで無理すると、脳に悪影響。無理せず楽せず過ごして」(安保徹・新潟大大学院教授)などと話した。

 また会場では、認知症患者を介護した経験者で作る「あした葉劇団」(甲府市)が、介護をテーマにした劇を上演した。



 昼寝が良いんですねぇ。脳を休ませるために必要ということでしょうか。脳にストレスがかかることで神経に負担がかかり、結果として脳萎縮が起こってしまう、とか?

 基本まったりとして、正しい食生活、適度な運動と、健康な生活を営むことが一番認知症予防にも良いんですね。色々な因子があるとはいえ、メタボリックシンドローム予防のためにもこれらのことが効果的ですし、できれば若いうちから心がけるようにしましょう。中高年になってからやろうと思っても結構難しいと思いますので。

関連:
医学処 漢方薬成分「フラボノイド」が認知症を改善する
医学処 バイリンガルは一ヶ国語しか話さない人より認知症になりにくい
医学処 認知症による脳萎縮、始まる前に細胞が活性化することが判明
医学処 アルツハイマー病の発症因子の1つ「ホモシステイン酸」を研究


広告
posted by さじ at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳神
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。